明治・大正

開拓期の北海道移住の流れ!移住の用意や必要な荷物やお金、家族やお米はどうしてた?

北海道に開拓移住するぞ!

となったら何が必要で準備などはどうしていたのでしょうか。

必要なもの、準備して本州から北海道に渡るまでの流れについてざっくりまとめてみました。

  • 明治~大正の開拓移住の流れ
  • 移住の為に用意した荷物
  • お金はどのくらいかかったのか
  • 北海道移住に関する雑学ネタ

などについて、簡単にざっくりまとめてみました。

移住するのに必要なものは?

開拓期の北海道移住の流れ!移住の用意や必要な荷物やお金、家族やお米はどうしてた?

明治~大正にかけて、様々な理由で北海道へ開拓する人々がいました。

廃藩置県など明治政府が新しく決めた事の影響で仕事が無くなってしまったり、天災の影響でこれまでの農地を手放す事になったり、新天地に一攫千金の夢を見たり…etc

おかめ
おかめ
いざ北海道へ!

と決めたらどんな準備をしていたのでしょうか。

おおまかにざっくりまとめてみました。

移住準備の前に必要な事

家族を説得する

まず、移住するぞ!となった時にその人が天涯孤独の身であったら、何も問題はありません。

家庭持ちの場合は本人の親や婚姻関係にある相手、子供などなど家族の了承を得る所から始まります。

家族揃って北海道移住に前向きというケースはレアで、親が北海道行きを嫌がる、妻が北海道行きに抵抗がある、という事も多かったようです。

その為、夫だけが先に北海道へ行って生活が落ち着いたら親族を招く、という事を選んだ人もいました。

これまで属していた村や集落から、農業をする人が減るのは困る!と引き留められたパターンもあったそうな。

①行き先を決める

相談所などで行き先を決める

東京などある程度の規模の都市では、北海道移住を促進する為の相談所があったり役場で相談する事ができました。

北海道での生活の仕方の指南書なども発行されていたりと、移住を希望する人達はそういった情報を元に移住先を決めたり、勧められて決めたりしました。

②移住証明書を貰う

各種割引などを受けられる証明書を貰う

移住が決まったら、交通費や宿泊費などの割引を受けられる移住証明書を発行してもらいます。

身分証明書にもなる大事なものだったので、大事に身に着けて移住先を目指しました。

③家の事を整理する

墓守の相談や親族との別れをする

当時、北海道へ行く=もう二度と故郷に帰って来られない、と考えられていました。

おかめ
おかめ
北海道への移住=永久の別れ

という事だったんですね。

そのため、家のお墓を親戚に任せる相談をしたり、場合によっては住んでいた家そのものを処分する必要もありました。

北海道へ移住しない親族との別れとして、壮行会を兼ねた宴会を行う人もいました。

④お金など必要なものを揃える

家財道具や農具、移住費用を用意する

北海道へ移住するとなると、身一つで行く事はできません。

北海道へ着くまでの交通費や、着いてから生活をするのに必要な布団や調理器具などなど、持って行かなければならないものはたくさんありました。

移住準備で用意したもの

開拓期の北海道移住の流れ!移住の用意や必要な荷物やお金、家族やお米はどうしてた?
たろう
たろう
具体的に何を持って行ったの?
おかめ
おかめ
大きいものから小さいものまで色々あったみたい

移住するのに必要なもの

  • 特に大事な現金と移住証明書
  • 移住した先で大事な布団・着替え・マッチ
  • 家を建てる為の道具(ノコギリ、オノ、ナタなど)
  • 農作業具(カマ、クワ、スコップなど)
  • 必要最低限の調理器具(鍋、釜など)
  • 必要最低限の調味料や食品(米、塩、味噌など)
  • 移動中のおやつ(欲しいも、金平糖など)
  • 日用品(薬、文房具、位牌、お守りなど)

特にマッチは、移住先で寒くて火が欲しい時にかなり大事でした。

農具は最悪用意できなかったり、使っていてすぐ壊れてしまってもどうにかなりました。

入植場所の近くで栄えている市街地などに行くと、鍛冶屋が出店している事がほとんどだったので修理してもらったり新しく買う事が可能だったのだとか。

船に持ち込めなかったもの

本州から北海道へ移住するには、一度は確実に船に乗る必要がありました。

その時、いくつか乗せられない物もありました。

ご飯のお供として大事な漬物は、匂いが出るという事で船に持ち込むのはNGとされていました。

米や麦をひく石臼も持って行こう!としたものの、船に乗せられる重量の問題でNGになるパターンもありました。

ちなみに漬物石は持って行く事ができましたが、移住先には丁度良い岩がゴロゴロしていたので、無理して持ってこなくて良かったじゃーん!の部類でした。

移住のアレコレ

開拓期の北海道移住の流れ!移住の用意や必要な荷物やお金、家族やお米はどうしてた?

家族がいると頑張れる?

移住時に家族揃って行くと成功率が上がる
  1. ある程度開拓が進んだら家族を呼ぶ、よりも
  2. 最初っから覚悟を決めて一家総出で移住した方が
  3. 移住生活がしっかりする

という事で、移住後の生活が安定しやすかったと考えられています。

特に、子供が多い程、親はこの子たちの為に頑張らねば!と必死になるので開墾も進むし、生活基盤がしっかりするのも早かったのでしょうね。

伊達邦直・邦成兄弟が移住する際も、家族は残さずに皆で一緒に行く事を原則としていました。

何故かというと移住生活が成功したら迎えに来る、とすると移住先で心が折れ、家族の元へ帰ってしまう可能性があったからだとか。

ちなみに、屯田兵のとある母親は嫌々北海道移住へ着いて来て、移住先で生活している時も帰りたいと連呼していたものの、

生活に慣れ80歳を超えて天寿を全うした、という話も。

おかめ
おかめ
住めば都って事なんですかね

北海道でお米はどうしてた?

北海道は明治初期ではお米が安定して作れる!とは言い難い状態でした。

その為、本州からの輸入に依存していたので、米が値上がりした時もその影響をがっつり受けて大変な目に合う事も。

たろう
たろう
開拓使は米作りに積極的じゃなかったの?
おかめ
おかめ
向かないからダメって言ってたらしいよ

開拓使がアメリカから招いた農業の先生も、北海道だと米より麦のが良いよという話だったので、そもそも稲作をする事は推奨されてもいませんでした。

とは言え、日本人だから米を食べたいんじゃあ!!という熱意を抑えきれるワケも無く、次第に北海道でも稲作が行われるようになりました。

持って行けない荷物はどうしたの?

荷物は配達を手配する事もできた

生活に必要な食材や調理器具、布団などは何とか自力で運ぶとしても、他にも持って行きたい荷物も当然あったはず。

そういった荷物は、配達をお願いして移住先まで届けてもらう事もありました。

しかし、移住者の現地到着と荷物の現地到着が一緒になる、という事はほとんど無かったのだとか。手元に届くまで、1~2ヶ月はかかったと言われています。

移住先に家がある状態で移住するより、移住して家を建てる事がほとんどだったので、移住先の家に持ってきてもらうのではなく、近隣の宿や駅逓などに配達をお願いしていました。

実は里帰りブームがあった?

北海道に移住したら絶対帰れない、という訳でもなかったようです。

明治後期頃には、鉄道などの交通網も北海道だけでなく本州でも整っていました。

その為、開拓がひと段落ついたし、お金もあるし、という移住者たちが本州の故郷へ里帰りする事もできました。

北海道で作られた農産物を売りがてら、本州の観光地へ旅行に行きつつ、故郷にも寄るという事をする人々もいたのだとか。

移住費用など

開拓期の北海道移住の流れ!移住の用意や必要な荷物やお金、家族やお米はどうしてた?

北海道へ移住する際、費用はどのくらい必要だったのでしょうか。

移住する総費用の一例

明治26年の道庁の試算

1戸4人(大人2人・老人や子供2人)の移住者の総費用は、

  • 家屋(仮り家) 18円32銭
  • 家具 8円62銭
  • 食費(並玄米・大麦・塩菜) 53円65銭
  • 農具 22円51銭

計 103円10銭

ほかに、北海道農業の貴重な労働力でもあった馬耕1セットは、馬1頭30円と必要な器具を含めて約70円かかりました。

明治39年の試算では食費が94円15銭に値上がりし、計147円17銭に変わっています。

渡航旅費の一例

例)明治38年の埼玉県深谷から北見まで
  • 埼玉(深谷)→青森/汽車賃 6円
  • 青森→函館/船賃 90銭
  • 函館→小樽/汽車賃&小樽→網走/船賃 6円50銭
  • 宿泊代&食費 6円

合計 約20円

として所持金を用意するように、という故郷の親にあてた手紙が見つかっているのだとか。

こちらもあくまでその時の目安なので、当然ですが移住先や選べる交通手段によっては違いは出ました。

先に目的地に住んでいる人にどのくらいお金が必要か、聞いている人も多かった事でしょう。

現代価格で考えたらいくらなの?

お米基準で金額を考える
  • 現在→お米10㎏1袋が3,000円くらい60㎏で1万8,000円くらい
  • 明治26年→米1俵60㎏で約2円
  • 明治26年の1円は現在の約1万円

これをさっきの移住費にあてはめてみると、

明治26年の103円は現在の103万円という事になります。

年によって米の価格は変動するので、あくまで目安程度に考えてもらえればと思います。

実際の所持金平均はいくらだった?

とある年の平均所持金
  • 10円未満1戸
  • 10円以上13戸
  • 100円以上18戸
  • 200円以上7戸
  • 500円1戸

平均は107円96銭で、

家族を含めて1人平均20円97銭だった模様。

農業で成功してお金持ちになった人は、出身県から大工の棟梁と大工を呼び、長期滞在させて木材も取り寄せてかなり豪華な家を建てる事も。

金銭的余力をもって開拓に入り、成功した家々もあったので、移住者によって元々の資金力の差もありました。

最後に

明治開拓期に北海道へ移住するには何が必要なのか?どういう流れで移住するのか?などについて簡単にまとめてみました。

移住する時に布団や調理器具を背負って持って行くのは、相当大変というか、かなり大荷物だったんでしょうね。

以上、十勝民・おかめ(@okame_0515)でした。