博物館

十勝幕別でアイヌ民族や開拓の歴史に触れる蝦夷文化考古館&ふるさと館に行ってきた感想まとめ

十勝の幕別方面へドライブを楽しむのに、ついでに寄れて勉強になる、という場所があります。

蝦夷文化考古館幕別ふるさと館です。

どちらも大きな道や施設の近くなので、ついでに寄る、というのにぴったり。

  • 十勝でドライブする目的地が欲しい
  • 食べる・景色を見る以外の楽しみが欲しい
  • あんまり人がいない場所に行きたい
  • 十勝の歴史が気になってる
  • アイヌ民族について近場で知りたい

という方の参考になれば幸いです。

十勝でドライブがてらおでかけがしたい、という時に十勝の歴史に触れてみるのも楽しいですよ。

蝦夷文化考古館について

十勝幕別でアイヌ民族や開拓の歴史に触れる蝦夷文化考古館&ふるさと館に行ってきた感想まとめ

場所

蝦夷考古学館のみどころ

  • 実際に使われていた道具が展示されている
  • 衣服などを直に目にする事が出来る
  • 幕別地域に住んでいたアイヌの人々の姿が写真に残っている
  • 無料で見られて簡単な解説もしてもらえる

アイヌ民族の文化・伝統の保存などに精力的に活動していた、吉田菊次郎さんが昭和34年に設立した場所です。

館内は個人のおうちを資料館に開いたような形で、博物館、というイメージで行くと驚きます。

おかめ
おかめ
親戚の家に来たような感じ
たろう
たろう
昔の物がたくさん置いてある親戚の家って感じだね

ちなみに、私が行った時は、合田一道先生がいらしていた翌日でした。

おかめ
おかめ
北海道の歴史に関する書籍でよく目にするお名前だ・・・!

とめちゃくちゃ興奮して驚きました。

案内の人に聞くと、陸別の関寛斎翁について調べている中で訪問されていたのだとか。

著名な作家さんも取材や調査で足を運んでいる、と思うとちょっと行きたくなりませんか?

15~30分程度で見て回れるので、幕別札内方面へドライブがてら寄ってみるのもオススメです。

営業時間など

  • 開館時間 10時~16時
  • 休館日 火曜日、年末年始

開館しているか不安、という時は電話(0155)56-4899で事前確認する事をオススメします。

幕別ふるさと館について

十勝幕別でアイヌ民族や開拓の歴史に触れる蝦夷文化考古館&ふるさと館に行ってきた感想まとめ
グランヴィリオのお向かい辺りに建っています。

場所

幕別ふるさと館の見どころ

  • 十勝幕別の開拓の歴史に触れられる
  • 開拓の様子がジオラマで再現
  • 途別にあった晩成社の小屋が移築されている
  • 昔の教科書や漫画など、浪漫が詰まってる
  • 北海道内の地名について調べられた地図が圧巻
  • アイヌ民族の言葉について簡単に学べる
  • おはじきやめんこ、コマや囲碁、けん玉など昔の遊びを楽しめる

館内を見て回る所要時間は30分程度でしょうか。

行った時に私たち以外に誰もいなかったので、思う存分、コマで遊んできました。

おかめ
おかめ
入り口前ではケンケンパできたりね
たろう
たろう
小学生に戻った気分になって楽しかった

グランヴィリオで温泉やまったりした一時を過ごしたい、という時のついでにちょっと行って見に行ける近さにあります。

開館時間など

  • 開館時間 9時~17時
  • 休館日 月・火曜日、年末年始
  • 入館料 高校生以上200円 小・中学生100円

最後に

十勝・幕別にある蝦夷考古学館とふるさと館へ先人カードを貰いがてら、行ってきた感想まとめでした。

どちらの施設も比較的寄りやすい場所にあるので、ちょっとしたドライブがてらにもぴったりです。

以上、幕別といえば忠類のナウマン饅頭が食べたくなるタイプのおかめ(@okame_0515)でした。