お菓子

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

2019年に放送された、連続テレビ小説・なつぞらでは、主人公の育った場所として十勝が登場していました。

作中では、雪月というお菓子屋さんで、柳月&六花亭の銘菓をモデルにしているようなお菓子も登場。

おかめ
おかめ
なつぞらに出てきたお菓子と柳月&六花亭の銘菓って販売時期合うのかな?

とずっと気になっていたことを調べてまとめてみました。

  • 雪月で出てきたお菓子
  • 柳月&六花亭で販売されていたお菓子
  • 柳月&六花亭の創業からの歴史

などを分かりやすくまとめていきたいと思います。

あくまで、おかめ個人が雪月のお菓子やスイーツと、柳月&六花亭で取り扱われていた商品を比較して考えている考察になります。

十勝目線というか、おかめ個人目線でまとめていますので、ご了承下さい。

なつぞら・雪月で登場したお菓子

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

雪月は帯広のお菓子屋さんとして登場していました。小畑雪之助と雪次郎のお店です。

お店のモデルは柳月?六花亭?と考えられていますが、

あくまでも十勝のお菓子屋さんをモデルにしたものだという事で、公式から明言はされていません。

作中で登場した雪月関係の主要なスイーツ7種類を柳月&六花亭で販売されていた商品と比較しつつ、まとめてみました。

アイスクリーム

登場回

第1週4回

作中では1946(昭和21)年の夏。

なつを雪月に連れてきた泰樹が食べさせていました。

柳月は昭和22年にアイスキャンディーを売る事から始まっています。

六花亭も戦後すぐの頃には牛乳と卵でアイスクリームを作って販売していました。

その為、柳月だ!六花亭だ!そのどっちもだ!という声が十勝では上がっていました。

アイスモナカ

登場回

第4週24回

作中では1955(昭和30)年頃。

なつが高校生の時の演劇・白蛇伝の会場で配られていました。モナカにアイスが挟まっている見た目のものです。

モナカな商品は柳月にも六花亭にもありますが、アイス入りはどうだったんでしょう。

ちなみに、柳月では1946(昭和23年)頃にアイスにあんこを入れた、アイスまんじゅうが作られていたそうです。

雪月の夏

登場回

第5週28回

作中では1955(昭和30)年頃。

雪之助が作った、パイナップルの入ったかき氷。前衛的な見た目でした。

柳月でも昭和30年前後にはミルクホール(現在でいう喫茶店のような物)で

りんご味のピンク色なかき氷や、パイナップルのトッピングが乗ったかき氷が販売されていたそう。

六花亭では夏になると喫茶室というカフェで、六花氷というフルーツなどが乗ったかき氷が季節限定で販売されています。

シュークリーム

登場回

第5週28回

作中では1955(昭和30)年頃。

夕見子が雪月で買ってきたお土産として登場します。

泰樹おじいちゃんが食べるのを惜しんでいたのが印象的でした。

現在の柳月でも六花亭でもシュークリームは販売されています。いつから販売が開始されたのかは調べきれませんでした。

日本でシュークリームが販売されるようになったのは明治15年頃で、昭和30年には広く知られていたようです。



十勝バター煎餅

登場回

第6週34回

作中では1955(昭和30)年頃。

ミルク缶の形をしたバタークッキーの見た目で、真っ赤な四角い缶に入っているのが目を引きました。

缶の横にはタバイセルマ(マルセイバタ)の文字も。

おかめ
おかめ
マルセイバターサンドでしょうこれは!

という見た目なものの、中身はクッキー的なものなので、リッチランドでは?とも言われていました。

マルセイバターサンドは昭和52年に販売が始まりましたが、リッチランドは昭和34年から販売が開始されています。

私は今は販売されていない郭公の里のが、時期的にも合うのではないかな?と思います。

郭公の里

昭和29年に販売が開始されたクッキー。

かつての十勝地方では柏の木が生い茂っていたことから、3枚の柏の葉が重なったデザインになっていた。現在は販売されていない。

リッチランド

昭和34年に販売が開始されたチーズ風味のサブレ。

サイロの形で、個包装に児童による詩が書いてあるのが特徴の1つ。

バタークリームケーキ

登場回

第13週77回

作中では1958(昭和33年)頃。

雪次郎が演劇の夢を諦めきれず、雪之助に認めてもらう為に新宿の川村屋で作っていました。

生クリームではなく、バタークリームでデコレーションされたケーキです。

昭和中期の十勝でもバタークリームケーキは主流だったのだとか。

現在でも柳月&六花亭でバタークリームケーキは販売されています。

おバタ餡サンド

登場回

第19週113回

作中では1966(昭和41)年。

雪月で働く雪次郎が考案したお菓子です。

作中では丸いクッキー生地にあんバターが挟まっている外見をしていました。

おバタ餡サンドについては

柳月のあんバタサンだ!とか、六花亭のマルセイバターサンドだ!

とか言われているので、なつぞらと言えば、なお菓子として有名かと思います。

おバタ餡サンドのモデルは?

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

六花亭のマルセイバターサンドと柳月のあんバタサン、どちらもおバタ餡サンドのモデルになったのでは?と考えられています。

それぞれについて販売開始の時期を踏まえつつ、十勝目線で比べてみました。

マルセイバターサンド

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

ホワイトチョコレートが入ったバタークリームにレーズンが挟まっているクリームサンドです。

六花亭が帯広千秋庵から名前を変えた1977年(昭和52)年に発売が開始されました。

六花亭の銘菓の1つです。

見た目は十勝の開拓の先駆けと言われている、晩成社の作っていたバター缶のデザインから。

包装が変わった理由

2013(平成25)年にマルセイバターサンドの包装が、くるっと包まれてるタイプから、袋詰めに変わりました。

おかめ
おかめ
なんでだったんだろう?

と思っていましたが、くるっと包んでいるタイプだと本州に持ち帰られた際、包装の中に虫が入ってしまう事があったそうです。

その為、六花亭は袋詰めタイプにして、虫が入り込まないパッケージに変更したのだとか。

結果として、ふわっとサンドされた状態でパッケージできる事で、食感が良くなりより美味しくなったという良いことも。

マルセイバターサンドの派生?商品

マルセイバターサンドのビスケットの部分だけだとか、マルセイバターキャラメル、カステラケーキのようなバターケーキに、なんだったらバターそのものも売られています。

おかめ
おかめ
2010年前後から派生商品が色々出て来たような・・・

マスキングテープまで出てきたのには驚きました。

そもそも晩成社のバターって今でも食べられるの?って話ですが、詳しくはコチラをどうぞ↓

あんバタサン

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

北海道産の発酵バターと小豆が使われたクリームサンド。

サブレ生地にはオホーツクの塩が使われており、甘さを引き立てます。

2018年に発売開始とかなり新しいお菓子ですが、なつぞらであんバタサンが出てきた時には売り切れが続出していました。

ただ、柳月ではあんとバターを使った商品は昔から考えられていた様ですね。

箱に何書いてあるの?

あんバタサンの箱に書いてある内容を要約すると、

  1. 昭和20年代の終わり頃、和菓子が全盛期な中で柳月の職人達は新しいお菓子が作れないかと考えていた。
  2. その中で、「あん」と「バター」を組み合わせてみたらめっちゃ美味しいじゃん!という事に気づいた。
  3. このあんバタサンはその頃を懐かしんで作ってみた商品です。

的な事が書いてあります。気になる方は箱ごと買ってじっくり読みましょう。

あのおじさんは誰?

あんバタサンの箱にも個包装にも描かれている、メガネで髭のおじさん。CMにも登場しています。

おかめ
おかめ
あのおじさんは誰なのか?

と調べてみましたが、はっきり明言されているのを見つけることはできませんでした。

しかし、柳月が70周年で出している社史には、創業者と三方六の開発者がメガネをかけています。なので、そのどちらかなのかも知れませんね。

髭は生やしていなかったので、柳月の中の他の誰か、なのかもですが・・・。

ちなみに、六花亭の創業者もメガネをかけてます。

平成末期のあんバターブーム

話の本筋とはちょっとズレますが、平成末期に起きたあんバタブームについて。

昔からあんことバターの組み合わせは日本各地で好まれていました。

名古屋の小倉トーストが組み合わせの起源だとか、柳月も昭和20年代にあんことバターなお菓子を扱っていたとか。

各地であんことバターな商品は扱われていたようです。

が。

2018年頃から、あんバターの組合わせな商品を色んなお店で見る事が増えました。

調べてみると、2015~17年頃にインスタグラムであんバターが流行り、一大ブームとなったのだとか。

ちなみになつぞらは2019年の放送

ある意味、十勝にとってはすごく都合が良いタイミングだったって言えそうです。



六花亭・柳月の歴史

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

なつぞらに出てきたお菓子のモデルは?という話をしてきましたが、

六花亭と柳月の創業者や主要なお菓子との歴史について、簡単に分かりやすくまとめてみました。

六花亭の歴史

六花亭の創業者は小田豊四郎という人で、1916(大正5)年に現在の函館で誕生しています。

  • 1933(昭和8)年に札幌千秋庵菓子店に入店し、
  • 1937(昭和12)年に帯広千秋庵の経営を引き継ぎました。

札幌千秋庵も帯広千秋庵も親族が経営していた会社だった様ですね。

1977(昭和52)年に六花亭製菓株式会社に名前を変更

2022(令和4)年からは株式会社六花亭の名前になっています。

帯広千秋庵

帯広千秋庵は創業者の母方のおじ(母親の弟)が経営者として出したお店で、

同じく親族が経営していた札幌の千秋庵で4年修行した後、帯広千秋庵に入る事になりました。

帯広千秋庵を継いだ時には帯広には明治からの老舗菓子店が多かった事もあってなかなか売れず、社長や医者のところへ注文は無いか聞きにいったり、

冠婚葬祭に使うお菓子の注文をとる為に、帯広神社などに出向いていたのだとか。

デコレーションケーキにバタークリームを使うなど、新しい事にも挑戦していましたが

昭和18年には召集令状で中国へ渡り、3年後に終戦と共に帰国。

戦後は夏に蜂蜜と卵と牛乳を使ってアイスクリームを作り、

秋にはかぼちゃのまんじゅうを作るなど、季節に合わせた商品を売る事から始めていたのだとか。

銘菓・ひとつ鍋で有名に

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

昭和26年に創業者が親族の家を訪れていた際、晩成社の本に書いてある

「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」

の句が頭から離れず、そこから着想を得てモナカ菓子・ひとつ鍋を作ったのだとか。

1952(昭和27)年に帯広の開基70年・市制20年を記念した式典が行われる事になりました。

この記念品に選ばれたのが「ひとつ鍋」でした。

式典で配られると評判を呼び、ひとつ鍋は帯広千秋庵始まってのヒット商品に。

当時の帯広の中心地区ではお菓子屋さんが400店舗はあったそうですが、その中で一躍帯広千秋庵は有名になりました。

日本で初めてホワイトチョコレートを販売

1967(昭和42)年にヨーロッパやアメリカに行き、これからチョコレートの新しい時代が来ると感じてホワイトチョコレートの作り方を勉強して帰国。

1968(昭和43)年から日本初のホワイトチョコレートの販売を開始します。

1972(昭和47)年に北海道旅行が流行り出すと、六花亭のホワイトチョコレートが爆発的に売れ始めました。

人気になった事で、類似品も販売されるようになり、類似品を買った客から「味が違う」などのクレームが入るように。

帯広千秋庵という名前でお菓子を売れるのは十勝地方のみとなっていたので、他の空港などで類似品が販売されていたそうです。

十勝地方だけではなく、北海道中で販売するために帯広千秋庵ののれんを返し、新しい会社になる必要がありました。

六花亭の誕生とマルセイバターサンド

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

1977(昭和52)年、帯広千秋庵から六花亭へと名前が変わりました。東大寺管長の清水公照師によって名付けられたのだそうです。

社名変更記念でお菓子を作ろうとなった時に十勝の開拓の先駆けである晩成社にちなみ、マルセイバターサンドが作られました。

六花亭の節目節目で、晩成社なお菓子が生まれていたんですね。

柳月の歴史

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

柳月の創業者は田村英也という人で、1919(大正8)年に現在の紋別市で誕生しています。

15歳の頃に帯広でお菓子屋を営んでいた兄の元へ行き、夜間学校に通いながら、昼は菓子作りなど店を手伝っていたのだとか。

1940(昭和15)年には召集令状で旭川へ行きますが、2年後に満期除隊。

その後、満州に渡ったものの2年後に終戦を迎え、なんとか無事に帰国。

帰国後は実家でビートを煮込んで作る糖蜜づくりを始めました。砂糖の代用品として甘い物を作るのに需要があったのです。

糖蜜を作って売ってお店を出す資金を稼いでいたそうです。

アイスキャンディーの販売から始まった柳月

1946(昭和21)年に旭川駅でアイスキャンディー売りと知り合った事がきっかけで、帯広でアイスキャンディーを売る事を決めました。

1947(昭和22)年には、柳月として創業しますが、当時でも帯広は菓子屋が70軒を越える激戦区。

ビートや小豆の産地だったことで、戦前から菓子屋が多かったのだとか。

洋菓子を作る事を意識

帯広で生き残る為には和菓子では難しいという事で、洋菓子の販売を積極的に行います。

1951(昭和26)年には東京の帝国ホテルのデザート担当だった人を教師に呼んで、職人達が技術を学んだそうです。同じ年にはクリスマスケーキの販売も行っています。

1961(昭和36)年には、日本で初めてひなまつりのケーキも販売しています。

最初の看板商品・十勝石

1954(昭和29)年、柳月に最初の看板商品・十勝石が生まれました。

現在では販売されていませんが、名前の通り十勝石のようにツヤツヤした羊羹に砂糖がかかった商品だったのだとか。

おかめ
おかめ
だからスイートピアガーデンに大きい十勝石が置いてあるのかな

幸福駅ブームに乗る

1973(昭和48)年に幸福駅ブームがくると、翌年には幸福行きを発売し、ヒットを掴みました。

現在は販売されていませんが、道産バターと蜂蜜の生地にプラム・レーズン・ナッツを散らしたフルーツケーキで、箱には愛国-幸福駅間の切符を添えられていたそうです。

銘菓・三方六は失敗から生まれた?

なつぞら・雪月のお菓子やスイーツ7種のモデルは?柳月&六花亭の銘菓や歴史と比較

昭和30年代後半から、柳月ではバウムクーヘンの製造・販売が本格的に始められていました。

最初は本場ドイツのレシピを参考にしていたものの、日本人が好むしっとり&くちどけが良いバウムクーヘン作りを目指して開発を進めていました。

1965(昭和40)年にようやく理想のしっとりしたバウムクーヘンが誕生し、ソフトバウムクーヘンとしては世界で初めて作られたとも言われています。

そして、バウムクーヘンの失敗作をみた創業者が、縦に切り分けると薪の形になる事に気づきました。

開拓時代の北海道では、三方を六寸に切られた薪が暖を取るなど生活に必要な存在でした。

その薪のように切って売り出してみては?と考えた事で現在の三方六が誕生したのだとか。

1988(昭和63)年にはモンドセレクションの最高金賞を獲得し、現在ではチョコやメープルなど季節限定の味も販売されています。

今は10切れにカットされていますが、私が小さいころはカットされてませんでした。そこで、木を切る為の幅が広いのこぎり型のカットナイフが付いていました。

今でもお願いすると貰えるそうです。

参考書籍など

連続テレビ小説 なつぞら
なつぞら なつが食べてた おいしいレシピ 扶桑社
十勝の人 十勝毎日新聞社
トップの決断 北の経営者たち 北海道新聞社
お菓子の街をつくった男 文渓堂
創業70周年記念誌 柳月70年 ゆめ満ちる菓子のちから 柳月

など

最後に

なつぞらに出てきたお菓子や柳月&六花亭の歴史などについてざっくりまとめてみました。

それぞれのお店についてよく知る事が出来て、調べていて楽しかったです。

では最後に。

すごーく個人的な、なつぞらにおバタ餡サンドが出てきた時の気持ちを語りたいと思います。

本当に個人的に思った事を素直に語ってるだけなので、読まないで大丈夫です。

 

おバタ餡サンド!って出てきた時、

おかめ
おかめ
いやそこは三方六的な物じゃないんかーい!

と思いました。

明らかにあんバタサンじゃないかーい!

と。

あいつ、あんバタブームに乗って出てきたっぽい新参者のお菓子じゃないかーい!

と。(超個人的な感想)

開拓者が、とか、フロンティアスピリットな話をするなら、開拓期の薪の形な三方六じゃないんかーい!

と。

十勝バター煎餅がマルセイバターサンド(六花亭)を思わせたんなら、そこは三方六(柳月)じゃないんかーい!

と。

ていうか発売された頃、

マルセイバターサンドにそっくりな見た目のお菓子で大丈夫ですか柳月さん、ご乱心ですか・・・?

と思っていました。(個人的な偏見)

見た目が似てるせいか、食べたら脳が混乱してなんでレーズン入ってないんだろう?と感じてしまっていたり。

マルセイバターサンドを慕ってきた幼少期からの記憶を無くしたら違う感想になると思います。

はい、全部個人的な感想です、すみません。

あと、なつぞらの放送中、柳月はなつぞらのポスターやらサイン色紙やらを飾ってあんバタサンをアピールしまくってました。(あくまで個人の感想)

ついでに雪次郎ですよねその人?っていう見た目のキャラが書かれたドラサンも新商品として発売されてたり。

片や六花亭は特にアピールしているようには見えず、普段通りの感じで。

いやもう潔くてそこにシビれる憧れるゥ!と思いました。時流に乗った柳月も流石です。

帯広のイオンに行くと、柳月と六花亭が並んで営業しているので、2つの違いが面白かったです。

以上、柳月も六花亭もどっちも美味しくて好きだけど学生の頃は、柳月の工場に就職したかった十勝民・おかめ(@okame_0515)でした。