北海道の歴史

包装紙は昭和10年代の帯広市街!?歴史の勉強のきっかけに高橋まんじゅう屋でおやきを買おう

帯広市内には昭和10年の帯広市街の地図がある意味タダで貰える場所があります。

その地図には

  • 緑ヶ丘公園に帯広刑務所(元十勝監獄)
  • 十勝鉄道の駅や線路

が載っているのを見る事ができます。

どこかと言うと、チーズおやきで有名な高橋まんじゅう屋です。

十勝監獄や十勝鉄道の歴史が気になる!という時に美味しいおやきを食べながら、地図を眺めてみては如何でしょうか。

高橋まんじゅう屋の包装紙

帯広市民がたかまん、と呼んで親しんでいるのが、高橋まんじゅう屋です。

その高橋まんじゅう屋でおやきなどを買うと、独特な包装紙で包んでくれるのです。それが、こちら。

帯広のとてっぽ通りを走っていた十勝鉄道と日甜の関係・高橋まんじゅう屋の包装紙の秘密

しわくちゃですみません。

高橋まんじゅう屋の包装紙は、昔の帯広市内の地図が柄として使われているんです。

ちなみに、右上の店名の近くには、昭和10年頃の地図だと書かれています。

十勝鉄道

帯広のとてっぽ通りを走っていた十勝鉄道と日甜の関係・高橋まんじゅう屋の包装紙の秘密

当時の線路などもはっきり描かれているのが見えるでしょうか?

中央付近に、十勝鉄道ってはっきり書いてありますよね。

これがとてっぽ通りの昔の姿です。

え?見にくい?

そんな時にはたかまんに行って、おやき×4個以上買ってくると、大体は写真の包装紙で包んでもらえるのでご安心を

>>とてっぽ通りと十勝鉄道の関係

帯広刑務所(元十勝監獄)

緑ヶ丘公園ができてからすぐ、くらいの地図でもあります。

実は、十勝監獄から名称が変わった帯広刑務所と、緑ヶ丘公園が並んでいる状態が描かれているのです。

この地図を右に90度回転させると、今の地図と見比べやすくなります。

>>帯広の緑ヶ丘公園(グリーンパーク)にあった十勝監獄について

高橋まんじゅう屋の美味しい物

帯広のとてっぽ通りを走っていた十勝鉄道と日甜の関係・高橋まんじゅう屋の包装紙の秘密 たかまんのチーズおやき
おかめ
おかめ
私は特にチーズおやきが大好きです
帯広のとてっぽ通りを走っていた十勝鉄道と日甜の関係・高橋まんじゅう屋の包装紙の秘密 たかまんのチーズおやき

肉まんや蒸しパンも売っています。

帯広のとてっぽ通りを走っていた十勝鉄道と日甜の関係・高橋まんじゅう屋の包装紙の秘密 たかまんの蒸しパン

どれもが素朴な甘さとふっくら感で、とっても美味しいんです。

ふっかふかで、優しい味わいが最高です。

帯広のとてっぽ通りを走っていた十勝鉄道と日甜の関係・高橋まんじゅう屋の包装紙の秘密 たかまんの肉まん

お店の中は甘いおやきの皮が焼ける香りでいっぱい。

こうばし甘い素敵な香りで、お店の中に居るだけで幸せな気持ちになれます。

おかめ
おかめ
お店の中、めっちゃいい匂いする…!

その一言につきます。

おやきを作ってる様子も見られるのがまた素敵です。夏にはソフトクリームやかき氷の販売もありますよ。

高橋まんじゅう屋について

帯広のとてっぽ通りを走っていた十勝鉄道と日甜の関係・高橋まんじゅう屋の包装紙の秘密

  • 営業時間 9時~21時(日・祝日は9時~20時)
  • 定休日 水曜日
  • 住所 帯広市東1条南5-19-4

帯広駅から1km弱の距離なので、頑張って歩いて行く事もできますよ。

※駐車場は広くないので、車で行く場合、お買い物が終わったらすぐ移動するようにしましょう。

お盆や年末年始にも結構頑張って営業している印象です。

その代わり、振り返りの臨時休業がその後に増えるので、水曜日以外にも臨時休業している事もあります。