アウトドア

十勝の漁港でぬるぬるする魚が釣れたので食べてみた!名前はギンポ?ガンジ?ナガガジ?ナガヅカ?ワラヅカ?

夏になると釣りが楽しみの一つ、十勝民・おかめ(@okame_0515)です。

おかめ
おかめ
十勝・大樹の旭浜で変な魚釣れた!
十勝の旭浜でぬるぬるする魚が釣れたので食べてみた!名前はギンポ?ガンジ?ナガヅカ?ワラヅカ?

この魚、ガンジというそうです。

で、ガンジというのは地方名で、一般的にはナガガジと呼ばれる魚。

ギンポやナガヅカ、ワラヅカという魚の限りなくそっくりさんで、違う種類の魚です。

おかめ
おかめ
私は図鑑で違いを知りました
写真探索・釣魚1400種図鑑 [ 小西 英人 ]
created by Rinker

  • 釣りをしていて、ぬるぬる・ぬめぬめした変な魚が釣れた!
  • ナニコレ食べられるの?
  • っていうか、どうやって針からとるの?

と苦戦した話を実体験を元にまとめてみました。

ナガガジ、という名前ではなく北海道では、ガンジと呼ばれる事が多いので、以下からはガンジとしています。

大樹・旭浜でガンジが釣れた

注意すること

  • 大きいものだと背びれにトゲがある
  • 相当ぬるぬるする
  • 釣り糸にとても絡みついてくる

あれば軍手をはめてから、針を外す事をオススメします。

1人だと大変なので、同伴者や周りの人に協力を求めると作業しやすいかと思います。

ガンジを針から外す

十勝の旭浜でぬるぬるする魚が釣れたので食べてみた!名前はギンポ?ガンジ?ナガヅカ?ワラヅカ?

うねうね、ぬるぬる。

釣り糸に絡まるように、身をよじらせてぐるぐる巻きつこうとします。

とても力が強く、ぬめりも凄いので、掴めません。

なので、

  • 靴でしっぽや胴体を踏んで固定
  • 釣り用のハサミで顎を掴み体を固定
  • 頑張って針を外す

事にしました。

新鮮なイソメのように、うねうねと激しく動き回るので、かなり厄介でした。

ガンジを料理する

天ぷら
かば焼き
フライ

などにすると美味しい、という事を知ったので、天ぷらにしてみました。



ガンジの下処理

ガンジはぬるぬるするので、

  • ガンジをボウルにいれ、
  • 塩と片栗粉をガンジの表面に全体的にかかるようにかける
  • もみこむようにぬめりと粉をあわせる
  • 流水で流す

と、つるっとした表面になりました。

があるそうなので、注意しながら作業する必要があります。

おかめ
おかめ
私が釣ったものは小さかったせいか、背びれにトゲは無かったので作業がしやすかったです

ヒレはハサミで切り落としました。

ウロコは小さいせいか、あまり目立ちませんでした。

頭を切り落としてお腹を開き、内臓を取り除いてしっかり洗います。

そのまま天ぷらにしても良さそうでしたが、皮をひっぱってみるとつるーっととれたので、おもしろくてとっちゃいました。

ガンジを天ぷらで食べた感想

ガンジを天ぷらで食べてみる
  • しっかり、むっちりした食感の白身魚
  • 臭みはなく、甘みもあって美味しい
  • ご飯のおかずにぴったりな味
おかめ
おかめ
見た目がアレだったけどすごく美味しいね
たろう
たろう
こまいより味を感じるね

ちなみに、どうしてぶつ切りになってるのかというと、1匹目で失敗したからです。

ガンジを天ぷらで食べてみる

私の技量がないので、捌いて骨を取ろうとしたら、身が減りました

なので、

ぶつ切りにして揚げてから、食べる時に骨に気を付ける

方が料理をする側も楽だし、食べられる量も減らないし、良いと思います。

ガンジって何?

釣り人には好かれていないガンジ

釣り糸に絡まってとれない
見た目が悪い
背びれにとげがあって危ない

などの理由で釣られてもあまり喜ばれない系の魚。外道と考えている釣り人も。

実際、隣で釣りをしていた方は仕掛けごと切り落としたり、頑張ってとっても、持ち帰っていませんでした。

ガンジの名前

十勝の旭浜でぬるぬるする魚が釣れたので食べてみた!名前はギンポ?ガンジ?ナガヅカ?ワラヅカ?
ガンジ、というのは地方名

細長いぬるぬるする魚は、北海道など釣れる地域ではひっくるめてガンジ、と呼ばれているようです。

ナガガジはスズキ目ゲンゲ亜目ゲンゲ科の魚になります。

よく似てるらしい魚たち

ワラヅカ、ナガヅカ、ギンポという同じようなフォルムの魚がいます。

ナガガジと同じくスズキ目の魚なので、似た形になるんでしょうか。

ガンジは変な魚だけど美味しかった

釣れた時は、ぬるぬるしてたので、イカか何かを釣ったのかと思いました。

おかめ
おかめ
こまい釣りに来たはずなのに、変な魚を釣ってしまった

とちょっぴり残念でしたが、食べてみると美味しかったので、釣れて良かったと思います。

ちなみに、その日は魚の他に貝も釣りました

今度釣れた時は持って帰りたいと思います。

ちなみに、私は釣った魚をナガヅカ、ワラヅカだと思っていましたが、ホントのところはナガガジだった、という事を釣り魚図鑑で知りました。

魚の姿形から調べられて、実際の写真もたくさん載っているので、『一体何を釣ってしまったんだろう』という時にも安心です。

写真探索・釣魚1400種図鑑 [ 小西 英人 ]
created by Rinker